レイクの申込み方法

レイクの申込み方法はパソコン・スマートフォン・レイクのアプリ、ネット契約をしている携帯電話、自動契約機、電話、郵送の中から選べます。急いで融資を受けたい場合は郵送を除いた方法で申し込んでください。24時間いつでも申し込みが可能です。
時間にゆとりがあって融資を急いでいない、ネット環境がない場合は電話か郵送でも簡単に手続きが進められます。レイクの利用が初めてで、オペレーターと相談しながらの手続きが希望であれば、自動契約機か電話がいいでしょう。
申込み方法によっては即日融資もできます。その日のうちにお金を借りたいときは、受付時間内に申し込みを済ませることです。営業時間が終わったあとでも、申し込み自体は可能ですが、審査結果の通知が翌日になります。早く回答が欲しい人は、なるべく早い時間帯で申し込みを済ませてください。
郵送で申し込む場合に必要な用紙ですが、こちらはフリーダイヤルに電話をして、入会申込書を取り寄せる形になります。審査結果の通知は約3日程度です。希望する日時に電話で結果が伝えられます。
どの申し込み方法でも、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類、限度額が100万円を超えるときは収入証明書類が必要になります。あらかじめ用意しておきましょう。

レイクキャッシング審査基準

レイクは新生銀行が運営しているキャッシングとなることから、銀行系の融資サービスに該当します。
そのために総量規制の適用を受けませんので、キャッシングの利用者の年収3分の1を超えた融資金額を希望した場合であっても借り入れが可能です。
レイクの審査基準としては、年齢条件として満20歳以上から70歳以下までの人で、安定した収入を得ている人が利用できるようになっています。
審査基準には職業形態は設定されていませんので、収入を得ている人であれば、アルバイトや主婦、学生、外国人、自営業者、年金受給者などの人が利用できます。
レイクの申込みをするときには、本人確認書類として運転免許証などのコピーを提出する必要があります。
収入証明書の提出については、借り入れ金額が100万円以下のときには提出が求められませんので用意する必要はありません。
自動契約機やホームページから申込みをして、必要事項を入力したときには、その場で融資の可否と利用限度額を通知してくれます。
書類の提出は自動契約機で行えますが、来店できないときには、FAXによって提出する方法やスマートフォンのカメラで撮影して画像をメールに添付して送信すれば提出ができます。
審査では年収や年齢、勤務先情報などが調べられてスコアリング化が行われます。

レイク融資の特徴について

レイクの特徴は、無利息の期間があることです。レイクで初めて融資を受ける際は、条件によって一定期間の利息が発生しません。このサービスは、返済のめどが立つ場合に非常に有用です。レイクの無利息サービスは、2パターンのプランを用意しています。1つめは、180日間にわたって利息が付かないプランです。具体的な条件としては、1万円から200万円の借り入れのうち、5万円までを対象としています。2つめは、借り入れ額に関係なく30日間にわたって利息が発生しません。どちらのプランが適しているかについては、相談によってアドバイスを受けることができます。それによって、計画的な利用が可能です。レイクのホームページにおいても、専用のシュミレーションツールを用意しています。また、レイクは来店不要で融資を受けることができます。インターネットや電話による申し込みに対応しているので、店舗に赴く必要がありません。また、自動審査時間内であれば、仮審査の結果をすぐに確認できます。インターネット経由の場合は、本人確認書類は添付ファイルで送信します。それゆえ、翌日に指定の銀行口座に振り込が完了します。さらに、ATMではもちろん、コンビニでも現金の受け取りが可能です。レイク会員の方でサイトにログインできなくなった場合はこちらを参照してください。

レイクの増額審査内容について

急な旅行や用事が入って、まとまったお金が欲しいとき、ATMやCDでお金を借りることができるレイクのカードローン。初めは限度額を低めに設定していたけれど、だんだん足りなくなってきて、今以上のお金が必要という状況に陥った時、増額や追加融資をすることができます。他の会社のカードローンを使っている人も、どこの会社にどのくらい借りているのか分からなくなる前に、カードローンを借り換えして、借入先を一つに絞って増額する方法がおすすめです。一つの会社にまとめると、返済の手間が省けますし、見通しが立てやすく、精神的にも安心できます。増額をするときには、再度審査が必要です。増額申請をする前に、返済履歴をみて自分がきちんと計画的に返済できているのかを確認しましょう。返済実績が分からないという人はレイクコールセンターに連絡してみましょう。また自分の情報に変更がないか、チェックしましょう。住所、勤務先、保険の種類などの変更があった場合には、まずは変更手続きを済ませましょう。審査では最新の収入の状態を聞かれるので、源泉徴収票や給与明細などを前もって準備しておくことも大事です。増額をしたい人は、日頃から定期的に利用して、返済の期限をきちんと守って信用を得ることが必要です。

レイクの増額審査・電話による在籍確認

レイクでお金を借り入れする際には、最初に審査がおこなわれます。そしてその審査では、在籍確認という、申込者が勤めている職場への電話連絡がおこなわれることになります。
これは、申込者が申込用紙に記入した職場で本当に仕事をしているかどうかを、確認するためのものです。申込用紙の内容に虚偽がなければ、申込者を信用できるということになります。また、仕事をしているわけですから収入もあると言えます。つまり、返済能力についても確認できるということです。
そしてこの在籍確認は、増額の申込時にもおこなわれます。増額とは、借入限度額を増やしてもらうことです。増額は、一般的には初回の利用から半年以上経過してからおこなわれます。人によっては、その間に転職をしていることもあります。職を失っていたり収入が減ったりしている場合もあるため、レイクでは再度在籍確認をおこない、信用レベルや返済能力について調べるわけです。
在籍確認の方法は、初回申込時も増額申込時も基本的には同じものとなっています。具体的には、レイクから職場に電話がかかってきた時に、申込者が応答すればそれで終わるのです。申込者以外が電話に出た場合でも、その電話によって、申込者が勤めているという事実が明らかになれば、在籍確認は完了となります。

レイクに電話で直接問い合わせることで増額の可能性が

消費者金融のキャッシングの利用限度額は、個人の年収によって決まっています。総量規制の制限により、年収の3分の1の枠以内の額を借りることができるようになっています。
レイクの契約時は、限度額より低めに設定されています。理由は利用者の信用度の問題で、初めての利用者が返済をきちんとするのか、判断ができないからです。
しかし、逆を言えば信用してもらえば増額してくれるということになります。
信用してもらうにはどうしたらいいのかというと、すぐに限度額を増やしたいのではなければ、返済を契約通りきちんと行うことです。
「この人はきっちりと約束通り返済してくれる」と判断されれば、レイクの方から限度額変更の案内が届きます。限度額の変更の案内が届けば、増額しやすいです。
もし限度額変更の案内が届かない場合でも、増額を希望するのならレイクに電話で直接問い合わせることで増額の可能性があります。
増額の審査に通るのはなかなか難しいものですが、直接レイクに、「増額してほしい」と交渉している方も少なくありません。
まとめると、限度額が低めに設定されていても、交渉次第では増額できる可能性はあるし、毎月の返済をまじめにしていれば、増額交渉もスムーズに行えます。